読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者登山家たーぼーの日帰り山歩き

「山登り経験なし」「指導者なし」のたーぼーが、登山を一からスタートしました。登山や観光地巡りの感想と、日々の節約生活などを書いています。

天下茶屋のあとにアパリゾート上越妙高のイルミネーションを見てきました。

f:id:taaabooo:20160902231157j:plain

 去年、河口湖近くにある、太宰治ゆかりの地、御坂峠の‘‘天下茶屋’’に行きました。そこで‘‘ほうとう鍋’’を食べて、太宰治文学記念室を見学しました。その日は、そのあと、上越妙高にあるアパリゾートのイルミネーションを見に新潟まで行きました。

 夕方、アパリゾート妙高に着きました。会場の入り口に屋台村があります。そこの屋外テーブルで多くの人が一息ついていました。さすがに高原というだけあって、意外と寒かったです。というか、かなり寒かったです。必然と屋台のカレーやラーメンが売れに売れていました。そして、なぜそこで一息ついているかというと、‘‘暗闇待ち’’です。イルミネーションを見にきて、周りが明るいのでは意味がありません。

 周りが暗くなり、いざ、出陣です。まずは、トンネルの中を歩いていきます。その中はいくつもの電球で光のアーケードとなっています。トンネルを抜けたとこからが本番です。いくつかのイベントに分かれており、その全てに「龍」が登場する仕掛けになっています。その中でも、妙高でしか見れないのが、噴水に映し出されるプロジェクションマッピングです。池の中央から扇状に噴水が出てそこに映像が投影されるのです。これは一見の価値ありです。是非興味がある人は足を運んでみて下さい。その他には、写真撮影があります。小さな紙に現像してくれて、無料でもらえます。当然、通常の記念写真用の用紙の場合は有料になります。撮影の時に女性のカメラマンが「みょーこーでハッピー」と言ってくれます。最後は広大なスペースに「龍」が映し出されているのですが、その龍が曲がっていたり、顔が大きかったりして、へんてこりんに見えます。しかし、ある一定のビュースポットから眺めると、完璧な形の「龍」が見れますので、ビュースポットを見つけたときは感動ものでした。

 一通り見ると2時間くらいかかりますので、もし足を運ぶ人は、寒さ対策だけは忘れずにして下さい。

f:id:taaabooo:20160902231231j:plain


人気ブログランキングへ


にほんブログ村